【2018年最新版】20代の転職にオススメなエージェント3選【失敗しない就活】

カンボジアのまさとです。

27歳サラリーマン

27歳サラリーマン
社会に出て5年が経って、そろそろキャリアアップのために転職をしようかな。

でも、いまの会社で昇進を目指すのもありかな?どっちがいいんだろう?

 

というモヤモヤした悩みを持っている方に向けて、実際に20代前半で2度転職を経験した僕が、20代の転職の考え方とオススメなエージェントを5つ紹介します。

20代で転職は一度は経験しておくべき【結論】

 

いきなり結論から入ってしまうと、20代で転職は一度へ経験しておくべきです。

これはぼくの経験上まちがいない。その理由は以下のとおり。

 

20代は実績や経験がなくても転職しやすい

 

20代の場合は、社会人に出てからの経験年数がそれほど多くないこともあり、実績や経験よりも仕事への情熱や考え方が重要視されます。

しかし、これが30代や40代の場合には、「即戦力として活躍できるか?」というポイントが重要視されるので、そもそも即戦力として活躍できるポストがなければ採用してもらうことは難しくなってしまいます。

 

そういったことを考えると年齢というアドバンテージは非常に大きく、20代の転職はチャレンジしやすいんですね。

 

「第二新卒」は求人が多い

 

新卒から3年以内であれば「第二新卒」として転職活動ができます。

一般的には新卒で入社した会社を3年以内に辞めてしまうなんてマイナスのイメージが強いと思われてしまいがちですが、実はそんなことはなく、むしろ多くの企業で欲しがられる人材です。

 

その理由は、

  • 最低限のビジネスマナーを習得している
    →教育するコストがかからない
  • 社会人としてのベースができていない
    →すぐに新しい会社にも馴染める
  • 真剣に自分のキャリアに向き合っている
    →やりたいことが明確

 

などが挙げられます。

 

今では第二新卒に特化した転職サイトも数多くあるので、第二新卒に当てはまる人は、ぜひ活用してみましょう。

第二新卒の就活を失敗した経験があるまさとです。 という方の悩みに対して、過去に第二新卒の就活で失敗した僕が失敗しにくい第二...

 

未経験業界にチャレンジしやすい

 

自分のやりたいことは、大学生の就活段階では明確になっていない人がほとんどですよね。

そのため、最初に飛び込んだ業界が合わなくて、それとは別の業界でチャレンジしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

20代であれば、キャリアの軌道修正は全然できるので、思い切って未経験の業界にチャレンジするのもアリです。

例えば、新卒で入社した会社では2年間営業をやってみたけど合わなかったというのであれば、次は事務の仕事に応募してみたり、今後食いっぱぐれないためにIT企業に就職して、プログラミングにチャレンジするなんてこともできます。

カンボジアのまさとです。 という疑問を持つ20代の転職希望者も多いのではないでしょうか。 いきなりぼくの結論...

 

20代の転職を成功させる2つのポイント

 

20代で転職を成功させることはそれほど難しいことではありません。

それは上の見出しでも紹介していますが、20代は転職しやすい条件が揃っているからです。

 

そのような転職しやすいという条件がある中で、確実に転職活動を成功させるポイントは以下の2つです。

 

1.仕事を続けながら転職活動をする

 

転職を決意した人の中には、転職活動に集中するために仕事を先にやめるべきか、続けながら進めるべきか?を悩む人もいると思います。

結論から言うと、転職活動は仕事をしながら続けるべきです。

 

その理由は、

  • そもそも求人への応募自体は仕事をやめなくてもできる
  • なかなか採用をゲットできなくても焦らなくてもいい
  • 毎月の固定の収入があることによる安心感

 

などがあるからです。

 

転職活動は自分が納得できるまで続けるのが基本なので、会社を先にやめてしまうことによって、

  • 毎月の固定収入がなくなり経済的に焦ってしまう
  • 早く決めなくてはという焦りから妥協してしまう
  • 不採用が続くと失業期間が長く続いて精神的にきつい

 

などにより、自分を経済的にもメンタル的にも追い込むことになります。

そのため、多少しんどくても心と経済的な余裕を持って転職活動を行うためにも、いまの仕事を続けながら転職活動を行うのがベストな選択です。

 

2.転職エージェントを活用する

 

転職希望者

転職希望者
いまの仕事を続けながら転職活動をするのってしんどくない?

 

っていうのが本音ですよね。

たしかにいまの仕事をしながら求人に応募するだけであれば、スキマ時間にでもできますが、応募書類の作成や面接の準備をしようと思うとなかなかきついかもしれません。

そこでおすすめなのが、転職サイトではなく、転職エージェントの利用です。

 

転職サイトと転職エージェントの違いは、

  • 転職サイト:自分で気になる求人を探してエントリーし、選考を進める
  • 転職エージェント:キャリアコンサルタントなどの転職のプロが内定までをサポート

 

ざっくり言うとこんな感じです。

転職エージェントを活用すれば、自分一人で転職活動をしなくても、プロがサポートしてくれながら転職活動を進めることができるので、初めての転職の時にこそおすすめ。

 

しかも次の見出しで紹介するところであれば、無料でプロによるサポートを受けることができるので、どうやって転職活動を進めていけばいいか不安な人でも、安心して始めることができます

 

20代の転職を失敗させないエージェント3選

 

転職エージェントの利用は3社程度がベストです。

なぜなら、いっぱい利用すればするほど、エージェントと連絡の取り会う回数が増えることもあり、自分の負担が大きくなってしまうから。

だからと言って1,2社では転職活動のスピードが落ちるので、3社の利用がベストです。

 

とは言っても、3社はどこを利用していいのか?ということは初めての転職の時にはわからないと思うので、20代に人気の第二新卒に強い転職エージェントを3社紹介します。

転職活動を最速で終わらせるコツ

本気で転職をしたい!と考えている人は以下の3つのサービスに登録をし、できるだけ早めにエージェントとの面談をセッティングしましょう。

やる気を見せることでエージェントもがっちりサポートしてくれます。

 

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは、転職成功実績業界ナンバーワンと言われているほど、知らない人はいないほど有名な転職エージェントです。

 

リクルートエージェントのオススメポイントは、

  • 紹介している求人の量と質が他社と比較して圧倒的
  • 内定率が業界トップクラス
  • 面接対策が充実していて強い

 

です。

転職業界の中での有名どころなので、転職をしようと考えるのであれば、まずはリクルートエージェントに登録しておけば間違いありません。

▼公式ホームページを見る

リクルートエージェントに登録する

 

第二新卒AGENTneo

 

第二新卒エージェントneoは、ネオキャリアが運営する第二新卒に特化した転職エージェントです。

 

第二新卒エージェントneoのオススメポイントは、

  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • 企業担当による面談対策と幅広い求人の紹介。
  • 内定後はもちろん、入社後もサポート
  • ブラック企業を除外し、優良企業のみの紹介
  • スタッフが全員第二新卒

 

です。

第二新卒の気持ちは実際に第二新卒の就活を経験したことのある人にしかわからないものなので、スタッフが全員第二新卒というのは心強いですよね。

 

下記からのウェブ申し込みであれば、初回最大2時間の面談を行ってくれるので、自分の描きたい未来や実現したいキャリアを目一杯相談できます。

 

▼公式ホームページを見る

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

最速で採用をゲットするコツ

1回目の面談日の候補を3つくらい決めてから登録すると面談日確定までがスムーズなので、自分の中で面談依頼する日程を事前にいくつか考えておきましょう。

どんなに遅くても20〜25日以内の面談実施がオススメ。

 

ウズウズカレッジ

 

ウズウズカレッジは、18歳~29歳に特化した転職エージェントです。

 

ウズウズカレッジのオススメポイントは、

  • 平均4週間で脅威の内定率90%超
  • 選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
  • キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒
  • ブラック企業を除外し、入社後の定着率95%超

 

です。

 

はっきり言ってここまで手取り足取りサポートしてくれるエージェントはそんなに多くありません。

これだけサポートしてくれるエージェント側の労力を考えると、こちらも本気になって転職を成功させなければという気持ちにすらなります。

 

これまでどこのエージェントを活用してもうまくいかなかった人は、ウズウズカレッジを活用して転職活動を成功させましょう!

▼公式ホームページを見る

全サポート無料【ウズウズカレッジ】

 

最速で採用をゲットするコツ

登録に不備があると弾かれてしまい、せっかくのサービスを受けられないなんてこともありえるので、登録データに不備がないようにしましょう。

 

20代の転職は30代のキャリア形成につながる

 

日本では1社で長く働き続けるということが美德とされていますが、海外で転職はキャリアアップのために誰もが普通に行うものです。

そのため、周りの目や評価を気にして転職を躊躇してしまうのはもったいないと思います。

 

そもそも20代で転職をしたことがない人が、30代になってから転職をするのは少しだけハードルが高いので、長い目で働き続けることを考えた場合に、リスクの少ない20代のうちにチャレンジしておくがオススメです。

 

ぜひこれを機会にモヤモヤしている人は一歩目を踏み出してみましょう!

関連記事

20代で転職を経験しておくべき理由【経験者が語る】

こんな人は海外へ出るべき!まだ日本で消耗しているの?

人生を変えるために世界へ出よう!海外で働くことをおすすめする6つの理由

海外就職したい人が知っておくべき事実とは【経験者は語る】

【20代限定】第二新卒の人におすすめの転職サイト5選【2017年版】

海外就職の駐在員と現地採用はこんなにも違う!現採を二度経験した僕が当時の給与や待...