新卒3年以内であれば第二新卒として転職活動を!オススメの転職サイトとエージェントを紹介

カンボジアのまさとです。

新卒2年目サラリーマン

新卒2年目サラリーマン
新卒で入社した会社を辞めて、次の新しい会社に挑戦したいけど、3年以内に辞めたら転職しにくいのかな?

 

という疑問を持っている新卒3年以内で転職を考えている方に向けて、新卒で入社した会社を1年以内で辞めて転職をした僕が、第二新卒の強みと転職方法を紹介します。

新卒3年以内に辞めれば第二新卒として転職できる

 

新卒3年以内であれば、第二新卒として転職活動ができます。

第二転職とは?

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

新卒者が就職後、数年で離職する割合は年々増加傾向にあります。 厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めていると言われています。(引用元:マイナビジョブ20’s

 

しかも今はこの第二新卒者の需要がめちゃくちゃ高まっており、多くの企業が第二新卒枠を設けるほどです。

 

その理由は、

最低限のビジネスマナーを習得している
→教育するコストがかからない

社会人としてのベースができていない
→すぐに新しい会社にも馴染める

真剣に自分のキャリアに向き合っている
→やりたいことが明確

 

といった理由があります。

多くの人は新卒で入社した会社を3年以内に辞めてしまったらマイナスのイメージになってしまうので?と考えますが、実はそんなことありません。

 

むしろ、いまでは欲しがられる人材でもあるので、無理して今いる会社で頑張り続ける必要はありません

結果が出ないのは自分の責任だけではなく環境によるものもあるので、もしいまの会社で評価してもらえないのであれば、環境を変えてしまった方がいいと思います。

 

第二新卒は未経験業界への転職がおすすめ

 

未経験業界に飛び込むのも第二新卒ならハードルが低いので、自分のやりたいことにチャレンジするのもアリです。

特にこれからの時代に市場から必要とされるスキルを身につけたいと考えているのであれば、IT業界にチャレンジするのがおすすめ

 

20代という年齢のアドバンテージを活かすのであれば、無料でプログラミング学習(通常20万〜30万くらいかかる内容)を受けられるうえに、就活支援をしてくれるGEEK JOBProEngineer|完全無料プログラミング研修&就活塾を利用するのがコスパ最強です。

カンボジアのまさとです。 という疑問を持つ20代の転職希望者も多いのではないでしょうか。 いきなりぼくの結論...

 

第二新卒に強い転職エージェント

 

いまでは多くの転職エージェントやサービスがありますが、どこのエージェントを使うかによって転職が成功するか失敗するか変わってしまうので、しっかりと自分に合った転職先を見つけられるよう、以下でオススメするエージェントの活用がオススメです。

 

▼第二新卒に強い転職エージェント

リクルートエージェント:転職といえばここ。紹介している求人の量と質が他社と比較して圧倒的。

第二新卒エージェントneo1人あたり平均10時間の手厚いサポートあり。第二新卒に特化しているためスタッフが全員第二新卒者。

ウズウズカレッジ平均4週間で脅威の内定率90%超。手厚いサポートが魅力的。

 

以上の3つの転職エージェントが評判が高く、第二新卒の転職実績も豊富なのでおすすめです。

登録だけは無料ですぐに完了しますが、本気で転職をしたいのであれば、具体的にいつ個人面談を入れるのか?ということまで考えておくことで、転職活動を短期決戦で終わらせることができるので、こちらから面談日を提案できる準備をしておきましょう。

 

重複していますが、そのほかの第二新卒にオススメのエージェントはこちらでも紹介しています。

第二新卒の就活を失敗した経験があるまさとです。 という方の悩みに対して、過去に第二新卒の就活で失敗した僕が失敗しにくい第二...

 

20代で転職を経験するべき

 

これからの時代は、少子化によってどこの会社もますます人材不足になるので、人材も流動的になっていきます。

これまでのように1社で働き続けることを美德とされるような考え方はなくなり、常に自分のことを評価してくれる環境に身を移すようになると思います。

 

そのような状況になったときに、30代で一度も転職経験がないというのは逆に転職しづらい状況になりかねないので、20代のうちに転職を経験しておくべきです。

カンボジアのまさとです。 というモヤモヤした悩みを持っている方に向けて、実際に20代前半で2度転職を経験した僕が、20代の...

 

特に第二新卒の場合には転職しやすいという時代の流れもあるので、いま転職をしようか迷っている新卒3年以内の人は、これを機会に以下のオススメエージェントを活用して、第二新卒ブランドを生かした転職活動をしましょう。

 

▼第二新卒に強い転職エージェントのまとめ

リクルートエージェント:転職といえばここ。紹介している求人の量と質が他社と比較して圧倒的。

第二新卒エージェントneo1人あたり平均10時間の手厚いサポートあり。第二新卒に特化しているためスタッフが全員第二新卒者。

ウズウズカレッジ平均4週間で脅威の内定率90%超。手厚いサポートが魅力的。

カンボジア視察のアテンド・企業マッチングのサポートします!

カンボジア視察でのアテンドの依頼やビジネスマッチングの

ご相談は以下のお問い合わせからお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

【大学生必見中の必見】リクルート社によって就活革命が起こりました。

【転職を成功させる】未経験業界へチャレンジするならIT系一択である理由とは【未来...

【2019卒】内定がもらえない就活生が最後の望みを託すマッチングサービスを紹介【...

【20代限定】第二新卒の人におすすめの転職サイト5選【2017年版】

【2019年卒】早く内定が欲しい就活生が利用すべきマッチングサービスとは【内定ゲ...

新卒でカンボジア就職をオススメしない3つの理由【実体験をもとに解説】