カンボジアの通貨は

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

海外へ旅行へ行く時には、旅行先での通貨が何かというのは前もって知っておきたいことの一つだと思います。

その理由は、現地では日本円が使えないので、前もって日本円を現地の通貨に両替えしておく必要があるからです。そこで今回はカンボジアの通貨について紹介します。

カンボジアの通貨はリエル(Riel)

初めてカンボジアへ来られる人はカンボジアの通貨は何?と聞かれることがありますが、カンボジアはリエルRiel)というカンボジアの通貨がメインです。

リエル(Riel)の写真はこちら。

tk_cambodia_01anote1000riel_back

これがリエル(Riel)で4,000リエルで$1(正確なレートは$1=4,200Rielくらい)で計算するので、500リエルは$0.1251,000リエルが$0.25という計算になります。

計算は厄介ですが、慣れてこればどうってことありません。

 

ちなみにカンボジア人は暗算が苦手ですが、リエルの計算だけはめちゃくちゃ早いです。

 

カンボジアではドルも使えちゃう(アメリカドル)

StockSnap_QB5O1HU0QX
 

今では米ドル(Dollar)も普通に使えます。

というか現在のカンボジアでの取引の約80%近くがドルになってしまっているほど、米ドルが流通してしまっているんですね。

 

使い方としては、大きめの金額は基本ドルで支払い、端数をリエル(Riel)で支払うイメージです。

例えば$12.5だった場合、$12と2,000Riel($0.5)、もしくは$10と10,000Riel($2.5)という感じです。

カンボジア人の場合は、全部リエルで払う場合も多いので、その場合は50,000Riel($12.5)と支払ったりもします。

 

カンボジアの物価は

11218511_817976361609878_60938475590663208_n

カンボジアの物価は、カンボジア人の生活に合わせればとても安いですが、日本的な暮らし(日本食を食べたり、ハイスペックの家に住む)をしようと思うと、日本よりも割高になってしまいます。

カンボジアでの生活がどれくらい安いのかは、カンボジアの屋台がめちゃくちゃオススメ カンボジアであおぞら美容室をオススメする理由 を参考にしてみてください。

まとめ


S__8585225


以上がカンボジアの通貨についてでした。

海外というだけで慣れない部分もあると思いますが、僕自身海外に縁のない人生だったので、使い慣れるまでには戸惑いましたが、今では普通に使えるようになりました。

 

ぜひカンボジアへの旅行の際には参考にしてみてください。

関連記事

在カンボジア日本国大使館からのお知らせ:地方選挙運動に関する注意喚起

【在カンボジア日本国大使館情報】現下の政治情勢に伴う注意喚起

プノンペン補習授業校からのお知らせ|2017.01.13

UEDA CAFE BEAN|カンボジアで一番美味しいコーヒー

カンボジアの通貨「Riel(リエル)」の紹介

カンボジアで両替をするなら