カンボジアについに列車が開通!

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

知らない人は多いと思いますが、カンボジアでは現在電車が走っていません。(2016年4月現在)

一応線路はありますが、これは荷物を運ぶためのものであって人を乗せていることはないみたいです。

知り合いによると、僕が知らないもっともっと昔には、人を乗せていたとかいないとか…どちらにせよ、ついにカンボジアにも列車が走るようになるようで、これまで何十年もずっと失敗を続けてきたこの事業がようやく形になったみたいなので、とても期待ができます。

最初は期間限定の運行

11148750_996459590422960_7514427387391740526_n

この列車は、ロイヤル鉄道が管理を行い、初めは2016年4月9日から2016年4月17日までの期間限定で、この期間での様子や雰囲気を見て、今後はもっと増やしていくといった感じのようです。

 

初めは3都市の運行からスタート

12717878_996459523756300_8379835778091986159_n

最初の運行予定とその価格については以下の通りです。

  • プノンペンからタケオ($3)
  • プノンペンからカンポット($5)
  • プノンペンからシアヌークビル($6)

 

とても安い料金設定ですが、これが浸透して、地方への移動手段が列車になれば相当便利になるので楽しみですが、日本の電車のようなスピードではなく、最初は車よりも遅いという噂もあります。

 

12932717_999763803425872_8039745515384672566_n

 

まとめ

1459980_996459480422971_4177105623107661643_n

カンボジアではまだ地方へ行くのには乗り合いの車バスなどが一般的なので、このように列車が開通してくれれば、より地方へ行きやすくなるので、観光客の人もちょっとニッチな田舎へも行けるようになるのでいいと思います。

ぜひこの列車の事業がうまくいって、定期的にきちんと走るようなサービスになって欲しいと思います。

関連記事

カンボジアの結婚式はとにかくすごい

在カンボジア日本国大使館からお知らせ|2016.12.23

【大使館最新情報】カンボジアの危険情報について|2016.10.28現在

【在カンボジア日本国大使館情報】現下の政治情勢に伴う注意喚起

カンボジアの首都プノンペンに残るスラム街「ホワイトビルディング(White Bu...

在カンボジア日本国大使館より地方選挙の実施に伴う注意喚起