20代なら一度は海外転職を経験しておくべき【理由と方法をセットで解説】

カンボジアのまさとです。

ぼくは新卒でカンボジアに行ったこともあり、今年で海外で働き始めて6年目になります。

6年海外で仕事をして感じるのは、「20代なら一度は海外を経験しておくべき」ということです。

本記事では、20代なら一度は海外転職を経験しておくべき理由とその方法をセットで解説します。

20代なら一度は海外転職を経験しておくべき理由

 

20代は社会人としての考え方や、仕事のやり方を学ぶ大事な期間です。

その20代をどう過ごすか?ということは、今後の自分の人生に大きな影響を与えるといっても過言ではありません。

 

そこで、まずは20代なら一度は海外転職を経験しておくべき理由を3つ紹介します。

  • 価値観が広がる
  • 経営者に会える
  • グローバル人材になれる

 

価値観が広がる

 

海外に行くと「日本の常識が世界では非常識」であると感じる瞬間がいっぱいあります。

初めて海外へ行くと、「日本では〇〇なのに」みたいなことがよく起こりますが、それは当然で、そこは日本ではないからです。

 

そういった経験を若いうちから経験しておくことで、どんなことにも柔軟に対応できる考え方や適応能力が身につきます

 

年齢を重ねれば重ねるほど、「モノゴトの当たり前」を変えることが難しくなりがちなので、若いうちに価値観を広げることが大切です。

 

起業家や経営者に会える

 

海外に出ると志や野望を持っている起業家や経営者に会うチャンスがいっぱいあります。

おそらく日本で働いていると起業家や経営者に会える機会はそんなに多くないのではないでしょうか。

 

しかし、海外であれば企業の規模は小さくとも、リスクを取ってチャレンジしている方々とお会いする機会が多く、とても刺激的です。

 

特に将来的に起業したい人や独立したい人は、海外で働くだけでもそういう人に出会えるチャンスが圧倒的に増えるので、人脈を広げるために海外転職するのもアリだと思います。

 

グローバル人材になれる

 

ぼくは海外で働いて6年経つので、それを一つの実績としてビズリーチに登録してみたら、かなり多くの企業からオファーをいただきました。

今後グローバル化が避けては通れない時代が来ると言われている中で、20代での海外経験は高く評価される傾向にあります。

 

今後どんなスキルや経験が求められるかを考えたときに、今まだ20代なのであれば、グローバル人材を目指すのもアリです。

 

20代で海外転職をする方法【失敗しない】

 

今では海外転職する方法は2つあります。

  • 転職エージェントを使う
  • バックパッカー就活をする

 

それぞれの方法について解説していきます。

 

転職エージェントを使う

 

いちばんメジャーな海外転職の方法はエージェントを使うことです。

エージェントを使うことのメリットは、

  • 自分の適正に合わせた仕事を提案
  • 面接対策や履歴書の添削をサポート
  • 今の仕事を続けながら転職活動を進められる
  • 就職先が決まるまですべて無料でサポート

 

などが挙げられます。

今では転職エージェントが増えており、エージェント選びが難しいのが正直なところ。

 

しかし、転職エージェント選びを失敗すると、転職自体が失敗してしまうので注意が必要です。

その理由は、転職が成功するかどうかはエージェント次第な部分が大きいからです。

 

そのため、海外転職を希望するのであれば、「海外転職に強いエージェント」の利用が必須になります。

海外で働き始めて6年目のぼくがオススメする「海外転職に強いエージェント」はこちらです。

dodaエージェントサービス: 手厚いサポートと充実した海外就職ノウハウ

リクルートエージェント:業界ナンバーワン。豊富な求人数と実績。

パソナキャリア:現地のリアルな情報をゲットできる

 

海外・国内問わずエージェントの利用は2,3個程度がベターです。その理由は、

  • 1社とのやりとり数だけでも多い
  • 担当者次第な部分も大きい

 

などがあります。

2,3社のエージェントを使うことで、効率よくかつリスクヘッジができるので、転職エージェントを利用する際には、数ある中から2,3社に絞るようにしましょう。

 

バックパッカー就活をする

 

バックパッカー就活とは、働きたい国を決めて現地へ行って情報収拾を行い、現地でアポを取って会社訪問などをして、自分で自分を売り込むスタイルの転職方法です。

これは難易度が高めなような気がしますが、直接経営者に会えたり、働いている人に会えるので、もっとも失敗しにくい海外転職の方法と言えます。

 

しかし、このバックパッカー就活にはデメリットもあります。

  • 渡航費用と滞在費用がかかる
  • 時間がかかる

 

このように時間とお金がかかってしまう方法になるので、あまり現実的ではないとも言えます。

そのため、出来るだけ時間もお金もかけずにやりたいという人は、無料で利用できる海外就職に強い転職エージェントの利用がオススメです。

 

上の見出しでも紹介していますが、海外就職に強い転職エージェントについてよく調べたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

カンボジアのまさとです。 という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。 実際に僕はこれまで海外で6年仕事を...

 

20代の経験が30代での活躍につながる

 

30代で活躍している人や、経済的に豊かになっている人は20代のうちにチャレンジしている人ばかりです。

なんでもそうですが、いきなり結果が出たりすることはなく、それなりに下積みや経験が必要になります。

 

今後グローバル化が進むことを考えたら、20代のうちの数年を海外で過ごすことはいい先行投資になるはずです。

 

ぜひ30代で活躍できるフィールドを広げるためにも、海外転職にチャレンジしてみましょう!

海外就職に強いエージェント

dodaエージェントサービス:海外就職ノウハウが充実 & 手厚いサポート

リクルートエージェント:豊富な求人数と手厚いサポート

パソナキャリア:現地のリアルな情報をゲットできる

関連記事

海外就職する人が知っておくべき重要なこと【年金・住民票・国民健康保険など】

バックパッカー就活で海外就職を実現!成功させるためのコツや気をつけるポイントを解...

【20代向け】海外就職はしなくてもいい、でも選択肢には入れておいたほうがいい【転...

海外生活4年目の僕が海外で就職することをオススメしない3つの理由

パスポートの保管方法について|外務省より

こんな人は海外へ出るべき!まだ日本で消耗しているの?