僕は生活費をパソコン一台で稼ぐ

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

今まであまり触れてきませんでしたが、今日はあまりにも質問が多かったので、ちょっとだけお金の話をしようと思います。

このブログを始めてから約1ヶ月が経ち、ツイッターのみでこのブログを拡散してきました。

リツイートして一緒に拡散してくださった皆さんありがとうございました。

 

このブログには、僕のSNSアカウントが連携されているので、多くの人からフェイスブックやツイッターでメッセージをもらうようになりました。

そこで多かった質問が、「どうやって生計を立てているんですか?」とか、「カンボジアでのお仕事はどんなことをしているんですか?」という質問でした。

 

今回はそんな質問に答えていきたいと思います。

その前に前提としてお伝えしておかないといけないことは、僕はSNSではソフトテニスの活動を全面に出していますが、僕は企業に所属しているので、決してNGOでもNPOでもありません。

荻原雅斗のプロフィールに詳細が書かれているので、ぜひ時間がある人は見てみてください。

カンボジアでの仕事

psx_20150404_223441

僕は現在カンボジアの貧しい層により良い教育環境を作るために、日本の教育システムをカンボジアにも反映できるように働きかけています。

それは学生のスタディツアーの受け入れによる、カンボジア人との交流であったり、交換留学の仕組み作りであったりなどです。

 

また、教育という軸でプロジェクトの構築をしており、その中にはスポーツイベントや、音楽イベントなどもあります。

 

3-e1426083465586

 

もともとカンボジアへ来たきっかけは、飲食店の会社の立ち上げで来たので、初めて来た2013年の時には日本食レストランとBARを経営していました。

今ではその会社は退社しているので、飲食店には関わっていませんが、当時のスタッフがまだ頑張ってお店を盛り上げてくれているので、お客さんとして食事に行くことはあります。

 

当時のことは週刊アブローダーズさんのウェブサイトに寄稿させていただいているので、ぜひ三度のソフトテニス日本一を経験した新卒男子が、内定辞退してカンボジアで働く理由。も読んでみてください。

 

tamariba (3)

生活費はパソコン一台で稼ぐ

desk

僕は基本的にお金の管理は「事業で稼いで自分に入るお金」と「パソコンで稼いだお金」は一緒にしないようにしています。

 

その理由は二つあります。

  1. 事業でできたお金は、事業に関わること(誰かに会ったり、どこかへ行く)へのお金として使うため。
  2. パソコンで稼いだ分は生活費とするため。

 

2014年半ばくらいから、副業としてパソコン一台でお金になることを探し始め、さまざまなことにトライしてきました。

1年半経った今、ようやくカンボジアでの全ての生活費はパソコン一台で稼げるようになりました。

 

と言っても、僕は情報商材を売ったり、これやったら儲かります的な勧誘に乗ったわけではなくて、クラウドソーシングブログをコツコツ合間にやってるだけなので、多くの人が想像する、何もしなくても生きていける不労所得のようなものではありません。

生活費を稼ぐための具体的な方法

grid-book

僕のパソコンでの現在の収益はクラウドソーシングとブログの二つです。これから収益化できるものを増やしていこうと思っていますが、本業とソフトテニスの活動のバランスもあるので、タイミングを見てトライしていく予定です。

クラウドソーシングについて。

クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、
必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。

このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、
スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。
(Wikipediaより引用)

「パソコン一台で稼ぐ」と聞くと、胡散臭いイメージやIT系の人というイメージを抱きがちですが、今ではもはや「誰でも稼げる」状態にあります。

その金額はどれくらい時間を割けるかにもよりますが、一ヶ月に1,2万円くらいであれば、1日30分くらい毎日カチカチやれば余裕です。

 

ランサーズ」「【クラウドワークス】」「シュフティ」を使えば、いますぐにでも副業を始め、日給で3,000円から10,000円くらい稼げる仕事を見つけられます。

学生でもサラリーマンでも主婦の人でもオススメです。

 

35

ブログについて

僕はブロガーの人たちのように、専業でブログをやっているわけではありませんが、このブログも含め、複数のブログを運営しています。

 

01


これからは・・・

カンボジアに住んで丸3年が経って、4年目に突入したこともあって、これからはBASEでカンボジアで手に入れられる商品なんかも販売していこうと思っています。

 

誰でも簡単にできるネットショップ作成なので、興味がある人はトライしてみるのもアリかもしれないですね。

 

42

以上が今僕が生活費を稼いでいる方法についてでした。

「簡単に稼げる!」とか「楽して稼げる!」みたいなものではないですが、僕は今1日2〜3時間程度の作業量で、カンボジアでの生活費を稼げているので、ブログを見てくれている人の参考になれば幸いです。

関連記事

5年後、10年後に「生き残る会社/消えている会社」

【大学生必見】日本の就活の新卒一括採用制度はなくなり、就職できない若者が急増!?

パソコン一台で稼ぐのは「やりたいことを全部やる」ため|理想の生き方を実現するため...

僕が海外就職を選んだ本当の理由

どこにいてもお金を稼ぐために僕が今勉強していること|ウェブマーケティングを勉強し...

僕がボランティアでカンボジアソフトテニスチームに携われる理由