こんな人は海外へ出るべき!まだ日本で消耗しているの?

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

およそ一ヶ月前に、海外生活4年目の僕が海外で就職することをオススメしない3つの理由 を書かせていただいて、数名の方からご意見をいただきました。

前回の記事は賛否がありましたが、改めてアウトプットすることの大切さを感じました。

 

今回は僕が考える海外へ出るべき人について紹介します。

前回書いたこととは矛盾したことをたくさん言いますが、ご理解お願いします。

“今”海外で働きたいと思っている人

F3BLO7N7WB

僕は”今”の積み重ねが、未来を作ると思っているので、3年後にどうなっているかというのは、どこで何をしたかではなく、今自分がどれだけ頑張れるかだと思っています。

そのため、前記事では3年くらいは日本で働く方がいいと書きましたが、もし”今”海外で働きたいと思っているのであれば、その熱意は“今”海外で活かすべきです。

 

きっと3年も待っていたら僕はカンボジアに来ていなかったと思いますし、僕の海外生活4年目の僕が海外で就職することをオススメしない3つの理由を読んで、やっぱり辞めようと思ってしまう程度の熱意の人であればしないほうがいいですが、そうではない強い意志とやる気のある人は今動くべきと思います。

 

今自分がしたいことをやりたい場所で一生懸命やること!これに尽きます。

 

日本で働きたくない人

6R7KCXBEEE

僕はもし今いろいろな理由があって、日本で働きたくないと思っている人がいるのであれば、

無理して日本で働く必要はないと思うので、この際海外に飛び出してしまうことをオススメします。

 

西の魔女が死んだには、以下のような言葉があります。

僕もまさに同感で、今日本で消耗しているなら、自分が生きやすい場所を探しに海外に出てみればいいと思います。

 

自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、
後ろめたく思う必要はありませんよ。
サボテンは水の中に生える必要はないし、
蓮の花は空中では咲かない。

シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、
だれがシロクマを責めますか。

 

僕はとても日本で働いていないことを悩んだ時期はありましたが、日本で働くことを辞めるのってそんなにいけないことじゃないと思いますね。

そういう意味でカンボジアは、日が昇る頃に起きて、日が沈む頃には寝るという人間らしい生活を送っている人が日本に比べて多いような気がします。

 

パソコンやスマホを持っている人

4W49RQRL0Y

もはや今は海外というハードルはほとんどないに等しいです。

 

スマホやパソコンを誰もが持てるようになり、昔みたいにエアメールでしかやり取りができないとなれば、かなり障壁は高い気がしますが、今ではラインなどを使って、リアルタイムで連絡を取り合うこともできますし、フェイスブックやツイッターなどを使えば、連絡を取らずとも、相手の状況を知ることができます。

 

カンボジアで言えば、通信インフラは日本よりも整っているので、どこのカフェにいてもフリーWi-Fiが繋がるので、いつでも日本と連絡を取ることが可能です。

そういった中で、海外で働くことは人生の大きな決断というのはちょっと違和感があります。

もちろん家族を持っている人であれば話は別ですが、そうでない人にとっては、

海外で働くことというのは大した決断ではなくなりました

海外で働きたいという選択肢ができたことはチャンス

VMCJLNPS1Q

僕は昔から「チャンスはそれをモノにする資格のある人にしか訪れない」といわれてきました。

そのため、当時の僕にとって海外という選択肢が舞い込んできたのは、

「チャンスが巡ってきた」からだと思い、これを逃したら一生後悔すると思いました。

 

最終的にこれは僕の人生を変えるチャンスがまさに”今”来たのかもしれないと思い、紆余曲折がありながらも海外就職を決断しました。

 

今思えば、当時の決断をしていなければ一生後悔するというのは大袈裟だったと思いますが、それは今こうして海外で働いているからそう思うだけで、実際にこのチャンスを生かせていなければ、このような考えも持てていなかったかもしれません。

海外で働きたいというのは、みんながみんな思うことではなく、海外で働きたいという選択肢ができたことはある意味チャンスが訪れたという意味でもあると思うので、それをどのように活かすのかは自分次第です。

海外就職を迷っている人へのオススメ書籍

関連記事

【転職したい人必見!】オススメの転職サイト8選

僕が海外就職を選んだ本当の理由

日本を出たことがない人が海外就職を決めるときに必要なのは〇〇と〇〇

【大学生必見中の必見】リクルート社によって就活革命が起こりました。

【大学生必見!】僕の人生を変えたある人の大学の卒業式での"あの言葉"

【大学生必見】日本の就活の新卒一括採用制度はなくなり、就職できない若者が急増!?