海外就職したい人が知っておくべき事実とは【経験者は語る】

海外就職をしてすでに6年目を迎えたカンボジアのまさとです。

僕は新卒でカンボジアに就職してから、これまでの6年間カンボジアで仕事をしていることもあり、Twitterなどで、


海外へ転職したいんですが、どうしたらいいですか?

 

という質問を受けることがあります。

そこで今回は、海外へ転職したいと考えている20代の人向けに、海外就職をするためにまずどうしたらいいのか?ということを紹介します。

▼この記事がおすすめな人

  • 海外就職、転職の一歩目は何をすべきかわからない人
  • 海外へ転職したいけどどうしたらいいかわからない人
  • 海外就職へチャレンジしたい人

 

海外就職をする前に知っておくべきこと

 

海外就職をするかどうか悩んでいる人が、知っておくべきことについて紹介します。

 

求人はいくらでもある

 

海外で働く=ハードルが高いというイメージがありますが、決してそんなことはありません。

日本での仕事に種類があるように、海外での仕事にも種類があるため、現在の自分のスキルや経験にあった仕事の求人は、きちんと探せばあります。

 

新卒でもチャンスはある

 

僕が新卒でカンボジアで就職したときには、「新卒で海外就職なんてやめた方がいい」ということを90%くらいの人に言われていました。

しかし、ここ数年で新卒の求人もめちゃくちゃ増えたので、「社会人経験がない」というのは、海外就職において関係なく、新卒からでも挑戦できるフィールドはあります。

 

 

英語を話せなくても仕事はある

 

海外就職=英語必須というイメージが強いですが、決してそうではありません。

 

確かに英語が話せることによる選択肢の広がりはありますが、英語が話せなくても仕事はあります。

 

英語が話せないけど海外で働きたい人におすすめ:英語でのコミュニケーションで必要なのは「I eated steak」と言えること

 

資格は必要ない

 

僕のまわりには「いつか海外就職したい!」という友人は何人かいますが、ほとんどの人がその時期は「いつか」としか決めていません。

「なぜ今行かないの?」ということを聞くと、だいたいが「今資格の勉強をしてる!」ということです。

 

確かに資格はあればいいこともありますが、僕は20代のうちは絶対に経験の方が重要だと思うので、TOEICやTOEFLの勉強に時間を取られて日本からでられないのであれば、先に海外に出ちゃってからでいいと思います。

 

しかも、年齢を重ねれば重ねるほどチャレンジしにくくなるので、絶対にチャレンジするなら「いま」です!

カンボジアのまさとです。 自分が20代のくせに『20代のきみへ』とかいう生意気なタイトルで失礼します。 僕は5/3でカンボジ...

 

初の海外就職は転職エージェントを利用すべき

 

海外への転職を決意したらまず初めにやることは、転職エージェントへの登録です。

行きたい国ややりたい仕事を想像するのもワクワクしますが、その先々で仕事がなければ始まりません。

 

そのため、まずは各転職エージェントに登録をし、どの国にどんな仕事(求人)があるのかを見てみましょう。

 

おすすめの転職エージェントTOP3

 

「海外への転職ならここへ登録しておけば間違いない」というエージェントを3つ紹介します。

 

第1位:dodaエージェントサービス:業界最大級の求人数を誇る

第2位:PASONAキャリア(パソコン向け)PASONAキャリア(スマホ向け):世界各国40拠点以上のネットワーク

第3位:リクルートエージェント:豊富なグローバル求人

 

まずは自分がやりたいと思う求人が海外にはあるのか?ということを知るためにも、無料登録をして、現在出ている求人情報を見てみましょう!

カンボジアのまさとです。 僕は新卒でカンボジアに飛び込み早5年が経過し、海外生活が6年目に突入しました。 カンボジアに来る前までは、...

 

海外就職に向けて一歩踏み出そう!

 

実際に僕自身もそうでしたが、これまでずっと日本で過ごしていた人が、急に海外で仕事をするということはイメージが湧きません。

しかし、これは当たり前の話で誰もが通る道であるため、もし今海外就職を視野に入れているのであれば、思い切って行っちゃうことがおすすめです。

 

どんな結果になるかはいってみないとわからないし、頭で考えても経験がなければ答えは見つかりません。

 

もし、自分が海外への転職が向いているのかどうか?ということや、自分の強みを海外で活かせるんだろうか?という不安があるなら、リクナビが提供する無料でできるグッドポイント(強み)診断で自己分析してみましょう。

 

どうせ人生は一度きりなので、海外で働いてみたいと思っているのであれば、思い切ってチャレンジしちゃいましょう!

カンボジアのまさとです。 という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。 実際に僕はこれまで海外で6年仕事を...

関連記事

海外で就職する前に日本で最低限度の英語を勉強しよう|オススメの英会話サービス2選

海外就職する人が知っておくべき重要なこと【年金・住民票・国民健康保険など】

新卒でカンボジア就職をおすすめしない3つの理由【実体験をもとに解説】

海外と日本の転職回数に対する考え方の違いとは【僕の経験をもとに解説】

海外就職に年齢は関係ある or ない?【実体験をもとに解説】

こんな人は海外へ出るべき!まだ日本で消耗しているの?