プノンペンのナイトマーケットは観光客にも在住者にもオススメスポット

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

プノンペンにはナイトマーケットと呼ばれる市場がリバーサイドにあります。

基本的には観光客メインに思われがちなナイトマーケットですが、僕は雰囲気が好きでたまに夜ご飯を食べに行きます。

そこで今回はプノンペンのナイトマーケットがどんな感じかを紹介します!

ナイトマーケットはいつも多くの人で賑わっている

 

ナイトマーケットの入り口を入ると、こんな感じで両サイドにで店が並べられており、真ん中の空きスペースが通路になっています。

奥にはこんな感じでステージを組まれ、歌手を目指している若者やセミプロの歌手が歌っています。

しかも、毎回そこそこ盛り上がっています。

 

ここの管理会社は以前仕事で会ったことがあるので、もし日本人で歌いたい人いれば、ブッキングできますよ。

 

 

ナイトマーケットは基本的に夜だけ(たまに昼も)やっており、買い物しがてら、ご飯を食べていくという人たちが多いような気がします。

 

プノンペンのナイトマーケットって何があるの?

 

まずは、このプノンペンのナイトマーケットには何があるのか?ということですが、基本的には市場なので、他のマーケットと売っているものは変わりありません。

売っているものは主にこんな感じ。

  • アクセサリー
  • 時計・財布
  • お土産

 

お土産の服やタイパンツ。

 

ネックレスやイヤリング、ピアスは2ドルとかで買えるものもありました。

時計はロレックスとかオメガのようなものもありました。笑

 

カンボジアのお土産でオススメのクロマーも売っていました。

 

カンボジア人の若い男女も結構くるので、若者向けのファッションアイテムは揃っていました。

 

しかも値段もかなり安めで10000リエル($2.5)のお店が多く、若者に人気があるのも納得です。

 

ナイトマーケットで夜ご飯

 

ナイトマーケットにはご飯を食べられるスペースもあるので、ここは観光客や現地の人たちでいつもいっぱいです。

ここではゴザが引いてあるので、屋台で買った食事を空いているゴザに座りながら食べるという感じです。

僕はこの雰囲気が好きで結構ここにきます。

 

ナイトマーケット内の屋台はこんな感じ

 

僕はここへきたらいつも決まって食べるものが2つあります。

それはメインディッシュとデザートです。

メインディッシュはこちら。

 

 

BBQです。好きな肉や魚介類を選び、スタッフに焼いてもらってできたてを食べるというものです。

ここはとにかく新鮮で美味しい!

こんな感じですぐに焼いてくれます。

 

 

炭火で焼いてくれるので、美味しく焼きあがります。

焼き上がりはこんな感じで、自分の座っているところまで届けてくれます。

盛り付けはちょっと雑ですが、屋台で見栄えはあまり求めても仕方ないので、あまり気にしないでください。笑

 

 

お腹もある程度いっぱいになり、最後はデザートで締めます。

デザートはこちら。(今回は友達と行ったので2つですが、いつもどちらか一つです笑)

 

ココナッツアイス($1.25)

 

ココナッツプリン&ゼリー($2)

 

これがもはや屋台クオリティーではないレベルに達しており、コスパ最強のデザートです。

特にこのココナッツプリンは、下半分がココナッツウォーターで作られたゼリーで、上半分がココナッツ風味のプリンという贅沢品です。

 

ナイトマーケットの場所

 

プノンペンのナイトマーケットは買い物してもよし、ご飯を食べてもよしの場所なので、ぜひ韓国客の方も在住者の方も行ってみてください!

そしてここで紹介したBBQやデザートを食べてみてくださいね!

関連記事

本当は教えたくない!プノンペンで売り切れ御免のコスパ最強の美味しい屋台ガパオライ...

カンボジアの屋台がめちゃくちゃオススメ

ヤフーニュースにも取り上げられた、話題のプノンペンの屋台ドラム缶ピザとは?

プノンペンの激ウマ屋台料理は夜のロシアンマーケットにあり!〜ラーメン編〜