【最新版】カンボジアへの日系企業進出状況とは|カンボジアビジネス情報

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

いま、カンボジアで起業をオススメする4つの理由で紹介していますが、カンボジアはいまアジアの中でも注目を浴び始めている国の一つです。

僕はカンボジアへの進出支援を行っている中で、よく聞かれることがあります。

 

それは、


実際にどれくらいの企業数が進出しているの?

どんな業種が進出しているの?

 

ということです。

本記事では、これらの疑問について実際にカンボジア商業省が発表している最新情報をもとに答えていきたいと思います。

カンボジアへの新規日系企業会社登録者数

(参考元:カンボジア商業省)

 

これは、商業省への新規日系企業の登録者数(有限責任会社・支店・駐在員事務所など)です。

図を見ればわかるように、2010年から2015年までの進出企業の累計は約1,000社ほどになります。

 

※注意※

  1. 撤退数は商業省の出しているデータになし
  2. 現在商業省が出している最新情報は2015年まで

 

進出企業の事業内容の内訳

 

次はカンボジアへの進出企業の事業内容についてです。

現在商業省が発表しているデータが2015年までのものしかないため、直近の状況はわかりませんが、2014年と2015年の事業分野は以下のとおりです。

 

(参考元:カンボジア商業省)

 

上位10カ国の会社登録件数の比較

2015年におけるカンボジアでのそう会社登録数は6,321件でした。(内3,400件はカンボジア企業)

以下では上位10カ国を比較してみましょう。

(参考元:カンボジア商業省)

 

パーセンテージ別で見てみるとこんな感じです。

 

(参考元:カンボジア商業省)

 

現在日本はカンボジア国内で中国の勢いにかなり押され気味です。。

また2016、2017年の情報が入り次第追記します。

カンボジア視察のアテンド・企業マッチングのサポートします!

カンボジア視察でのアテンドの依頼やビジネスマッチングの

ご相談は以下のお問い合わせからお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

カンボジアの投資制度ってどうなってるの?|カンボジアビジネス最新情報

カンボジアってどんな国?ビジネス進出する前に知っておくべき基礎情報

【海外進出・起業】カンボジアで現地法人・個人事業主の設立申請手続きについて

カンボジアビジネス情報のまとめ【2018年最新版】

いま、カンボジアで起業をオススメする4つの理由

カンボジアの経済特別区(SEZ)とは|カンボジアビジネス最新情報