ZOZOの前澤友作社長の一億円を100名に100万円企画がすごい!!

カンボジアのまさとです。

今ツイッター界隈で話題になっているのが、ZOZOの前澤友作社長のこちらのツイート。

 

この手の企画は結構似たようなものを過去にやっている人を見たことがあるけど、今回の場合はスケールや信頼性が抜群に違う。

「#月に行くならお年玉」とも呼ばれる、この1億円企画の何がすごいのかを解説します。

ZOZOの前澤友作社長が総額一億円をプレゼント

ZOZOの前澤友作社長は5日の夜に、

ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。応募方法は、僕をフォローいただいた上、このツイートをRTするだけ。受付は1/7まで。当選者には僕から直接DMします! #月に行くならお年玉

 

というツイートをしました。

 

しかも100万円がもらえる条件が、

  • ZOZOの前澤友作社長のツイッターフォロー
  • ZOZOの前澤友作社長のツイートをリツイート

 

の2つだけ。すごすぎる。。

僕はこれまでこのようなお金プレゼント系のツイートは一度も拡散したことがありませんでしたが、今回のZOZO前澤友作社長のツイートはすぐに拡散しました。

きっとこういう人、多かったのではないでしょうか。

普通こういうのってフォロワー稼ぎをするだけの怪しいアカウントがやるものでしたが、今回は社会的地位のあるZOZOの前澤友作社長だったこともあり、”絶対に実行される”という保証があったからだと思います。

ツイートから約半日で200万リツイートってやばすぎる。。

 

ZOZOの前澤友作社長の1億円企画は最強のマーケティング

 

ZOZOの前澤友作社長のツイートは驚異的な速さで拡散され、6日の朝にはすでにリツイート日本記録を叩き出したうえに、フォロワーも爆伸びしています。

5日の夜には50万人だったのに、6日の14時現在で240万人まで増えていて、こりゃすごいマーケティングだなと思いました。

 

1億円かけてフォロワーが約170万人増えているのを見て、ちょうど一年前くらいの山本一成さんのツイートを思い出しました。

 

当時、これに関して様々な議論があり、結果的には1億円もらう方を選んだ人が多かったですが、フォロワー100万人もいれば、すぐに1億円は回収できるというのがインフルエンサーやマーケッターの意見でした。

すでにZOZOの前澤友作社長は1億円をかけて100万人を超えるフォロワーを獲得でき、おそらくこのスピードで行くと200万人のフォロワー増しできそうです。

ただ単に1億円配布するだけでは意味がありませんが、フォロワーを200万人獲得できたうえに話題になったことで、よりZOZOの知名度アップにもつながったと思うと、これは最強のマーケティングであり、きっと1億円なんてサクッと回収できてしまうんでしょう。

スケールがでかすぎて誰にでもできるレベルではありませんが、こうやってお金を使える人がよりお金を手にしていくんだなということを学びました。

 

みんなは「お金」よりも「夢」が欲しい

 

ZOZOの前澤友作社長のツイートにリプライしている人や、引用リツイートしている人がどんなコメントをしているのか興味深かったので調べてみると、多くの人は別にお金が欲しいわけじゃないんだなと思いました。

それは、100万円の使い道が「とりあえず貯金したい」というものではなく、友達や家族にモノや体験を提供したいという人が多かったからです。

 

これに関してはZOZOの前澤友作社長も以下のようにツイートしていました。

 

今回の企画は、一時的にZOZOの前澤友作社長の手元から1億円が無くなりますが、結果的には誰も損しないハッピーなものになると思います。

  • 100名の人が100万円を手にしてハッピー
  • ZOZOタウンの知名度がより上がり、売り上げ増加
  • ZOZOの前澤友作社長本人が1億円を回収できるほどのフォロワーを獲得

 

こんなすごいマーケティングをできる人が今までいたでしょうか。

今回の企画では確かに100万円を100名の人がゲットできるという夢のある企画ですが、1億円を回収できる見込みがある広告費の使い方だと勉強になりました。

人を幸せにすることで、自分も幸せになれるということをZOZOの前澤友作社長は知っているからこそできた企画だと思います。

僕も将来こんなスケールの企画や多くの人を幸せにできるような事業をやっていけるようにがんばります!

企画の応募は7日までで、応募方法もめちゃくちゃカンタンなので、ぜひ応募がまだの人はチャレンジしてみてくださいね!

>>ZOZOの前澤友作社長のツイッターをフォローする

関連記事

感謝いっぱいの2015年

ぼくの将来の夢は昔からずっと学校の先生になること

もしいま僕が日本一のソフトテニスプレーヤーだったら、いますぐにプロ宣言をする

【独立を志す同世代へ】僕がカンボジアで全財産を失ったうえ借金をして絶望した話

20代の社会人にとって大切なことは、会社の評価ではなく市場価値をあげること

I am ミニマリスト|過去を清算して断捨離しました