楽天カードの海外旅行保険はどういう場面で使えるの?【誰でもわかるように詳しく説明する】

カンボジアのまさとです。

海外旅行者

海外旅行者
楽天カードはネットバンクもあるし、海外でもお金の引き出しができて便利だけど、海外旅行保険についてはどういうルールがあるの?

もし万が一の時に使えないと困るから、事前に知っておくべきことがあれば知りたい。

 

という方に向けて、カンボジアで楽天カードを使い始めてすでに5年経つぼくが、楽天カード、楽天プレミアムカードの海外旅行保険について詳しく解説します。

つべこべ言わず早く申し込みをしたいという方はこちらからどうぞ。
>>>楽天カード新規入会キャンペーン
>>>楽天プレミアムカード

この記事はこんな人におすすめ!

  • 楽天カードを発行したい方
  • 楽天カードの海外旅行保険について詳しく知りたい方

 

楽天カードと楽天プレミアムカードで違う!

 

まずそもそもの前提として、楽天カード楽天プレミアムカードで、海外旅行保険の適用条件や補償額などが異なるので注意してください。

それぞれの大きな違いはこちら。

  • 利用付帯と自動付帯
  • 補償額
  • プライオリティパスの有無
  • ポイント還元率

 

本記事では、特に海外旅行保険について多くの方が気になっている【海外保険の適用条件】と【補償額】の2つに絞って紹介します。

ポイント

楽天カードは楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カード アカデミー、楽天PINKカードも含まれています。

 

楽天カードの海外旅行保険の適用条件

 

楽天カードと楽天プレミアムカードの海外旅行保険の適用条件について紹介します。

 

楽天カード

 

一般的にクレジットカード付帯の海外旅行保険は、旅行にかかる費用をクレジットカードで支払うことによって利用できるものがほとんどです。

 

そのパターンを【利用付帯】と呼び、楽天カードでは以下のように定められています。

 

利用の具体例はこんな感じ。

 

このように出国する前に、楽天カードを利用して旅行関連の支払いを決済していれば保険が適用されますが、現地へ着いてからの決済の場合には適用されないので、なにかしら出国する前に旅行に関連する支払いをしておく必要があります。

とはいえ、条件を満たしていても、利用付帯のクレカでは保険料の支払いを拒否されてしまうケースもあるみたいなので、持っているだけで海外旅行保険が付いてくる自動付帯のクレジットカードも一緒に準備しておきましょう。

 

年会費無料かつ海外旅行保険が自動付帯なクレジットカードは、世界38カ国に日本語対応デスクがある【エポスカード】が圧倒的におすすめなので、楽天カードプラスアルファで作っておくと安心です。

知って得する情報

それぞれについているクレジットカードの海外旅行保険は合算できるので、楽天カードor 楽天プレミアムカードエポスカードを持っておくと、より補償額が増えるので心強くなります。

 

楽天プレミアムカード


楽天プレミアムカードは、【利用付帯】の楽天カードとは違って、持っているだけで海外旅行保険が適用される【自動付帯】になっています。

これは上でも紹介しているエポスカードと同じで、決済の有無にかかわらず補償を受けることができるので、持っておいて損はありません。(ただしエポスカードは年会費無料楽天プレミアムカードは年会費10,800円)

 

ちなみに以下のリンクから申し込んで発行条件を満たしていれば、13,000円分の楽天ポイントがゲットできるので、楽天プレミアムカードを作ろうと思っていた人におすすめです。

>>>楽天プレミアムカードを作る

 

楽天カードの海外旅行保険の補償額

(楽天カードの海外旅行保険の補償額)

 

楽天カードと楽天プレミアムカードの補償額の違いは、上の表通りです。

前述にもあるように、クレカの海外旅行保険は合算できるので、もし楽天カードと楽天プレミアムカードを持っていて、楽天カードの利用条件を満たしていれば、傷害治療費用として200万+300万の合計500万円までを負担してもらうことができます。

 

とはいえ、海外旅行保険の自動付帯がついている楽天プレミアムカードは年会費が税込10,800円かかってしまうので、もしできるだけ節約したいのであれば、年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカードがおすすめです。

>>>エポスカードを発行する

ベストな組み合わせは楽天カード+エポスカード

 

クレジットカードの海外旅行保険の適用について理解している人はあまり多くないので、ぜひこれを機会に楽天カードの海外旅行保険の適用について理解しておくようにしてくださいね。

海外在住6年目のぼくは、楽天カードエポスカードを組み合わせて、楽天カードで支払いをして、エポスカードは持っていくという合わせ技を使っているので、もしこれから海外旅行へ行くのであれば、この2枚の組み合わせが最強でおすすめです。

 

あとぼくは、カンボジア生活で三井住友VISAカードも使っていますが、そこらへんの細かい説明はこちらの記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

カンボジアのまさとです。 という方に向けて、カンボジア在住6年目のぼくがカンボジアで生活するために持っておくべきおすすめな...

 

知り合いには海外でアクシデントに巻き込まれ、クレジットカードの海外旅行保険を使おうとしたら、自動付帯ではなく海外旅行保険が使えなかったなんてこともあったので、旅行へ行く前に絶対に確認するようにしましょう。

申し込みをしてすぐに手元に届くわけではなく、出発してしまってからでは遅いので、日本にいる間に余裕を持って準備しておくことが大切です。

 

もしいま、ここで紹介したクレジットカードを持っていないのであれば、ぜひこれを機会に作っておいてはいかがでしょうか。

▼海外旅行保険付帯の海外に持って行くべきクレジットカード

関連記事

新卒で海外就職するなら大学生のうちにクレジットカードを作っておくべき理由【経験者...

海外就職する際におすすめなクレジットカードとは【海外在住6年目の経験者が語る】

カンボジア旅行に持っていくべきクレジットカードはこの2枚で決まり【在住者が教える...

【在住者が教える】カンボジアで生活をするのにおすすめなクレジットカードとは

【2018年最新版】海外旅行におすすめのクレジットカードはこの2枚のみ!

海外旅行者には海外旅行保険付帯の三井住友カードが安心かつ便利で最強な理由