逆求人で企業からスカウトを受けよう!

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

今回は僕が大学時代に行っていた就活について紹介していきたいと思います。

 

人並みにやっていた就職活動

StockSnap_AW1I0L8YDZ

 

僕は新卒でカンボジアに飛び込んだので、「普通の就活は経験したことがないんでしょ?」とよく言われますが、人並みに就活してました。

僕がカンボジア行きを決定したのは、大学4年の3月で卒業間際だったので、それまでは人並みにガシガシ就活してました。

それまでは名古屋のベンチャー企業に勤める予定でした。

 

僕は当時めちゃくちゃ就活に対して、イケる気しかしていなかったので、自分の知っている名前の大手ばかり受けており、某大手通信会社の最終面接では、

「自分らしくプレゼンをしてください」と言われ、

お気に入りのPコートにチノパンとお気に入りのブーツを履いて、テニスラケットを片手にパワーポイントも作らず、テニスの素振りをしてそれをプレゼンにしたり、某大手証券会社の最終面接で、東京までの往復の新幹線の費用を出してもらってまで行ったのに、最終意思確認で失敗したりと、さまざまな素敵な経験をしました。

 

結局最終面接まで行った企業はいくつかあったものの、ご縁をいただけることができませんでした。

何がいけなかったんだろう。笑

 

内定先の社長と出会ったのが逆求人就活フェア


11170303_814367011970813_3983428457112760781_o

 

これまで僕が内定をもらえていなかった理由は明確だったので、僕はあまり焦りもなくまだまだイケる気しかしていませんでした。

そんな時に地元の友達におもしろい就活フェアがあるから一緒に行こうよと言われて行ったのが【逆求人フェア】でした。

 

逆求人というのは、自分のプロフィールを見て、気になった企業が自分にアプローチしてくるという、通常の就活とは違うスタイルになります。

 

逆求人サイトを使うメリット

ZQR1FP0XU2

1.自己PRが抜群に上手くなる

 

逆求人では自分で書いたプロフィールを見て、企業がそれを見て、個別にスカウトをしてきます。

その自己PRをどのように書けば、

「企業が自分に興味を持ってくれるのか?」

「どんなプレゼンが引っかかるのか?」

など、自分の見せ方をより意識するので、抜群に上手になります。

 

2.1対1での話ができるので、社会人慣れする

 

学生時代には社会人の人と話す機会は多くなく、面接になると社会人慣れしていない人ほど緊張してしまいます。

この逆求人の場合は、いきなり採用担当の人と1対1で話すことができるので、場数をこなした分だけ、確実に自分のレベルはアップします。

 

家で面接の練習を鏡に向かってするくらいなら、実戦で慣れた方が早いでしょう。

 

StockSnap_EC50CC8658

3.自分の興味なかった業界の良さを知れる

 

僕の場合はまさにこれで、全く興味のなかった業界の社長さんから直接指名を受けて、最初は正直興味がありませんでしたが、その社長の人柄や、仕事内容によってどれだけの人が幸せになるのかを聞いて、その企業への入社を決めました。

僕はこの逆求人によって、縁のある会社を見つけ、就職する予定でした。

 

学生時代の業界に対する興味は、ほとんど当てにならないので、興味のない業界ほど話を聞くべきです。

オススメの逆求人サイト

 

実際に今人気の逆求人サイトを3つほど紹介していきます。

実際に規模や利用のしやすさを比較して使いやすいものを選抜して紹介していきます。

就活をしていると、うまくいったりいかなかったりで、何をしたらいいかわからなくなることもあると思いますが、そんな時はとにかく何でもトライしてみることが大切です。

 

分に逆求人という就活が合うかどうか分からないなら、まずは試してみる。

それで合わなければ辞めればいいし、合いそうならより使ってみる。

 

自分に自信がない人はリクナビNEXTの強み診断がオススメです。

 

キミスカ

16
特別選考オファーが多数

 

キミスカは「スカウト型就活サービス」です。

通常の就活フローとは異なり、人事責任者や経営層から直接のオファーがあります。

場合によっては、1次、2次を飛ばしての選考フローにのることも可能です。 

 

 

逆求人系のサービスで一番オススメなのが、この「キミスカ」です。

使い方もとてもシンプルでわかりやすいので、とりあえず登録をしてスカウトを待ちましょう。

 

ウェブサイトはこちら:キミスカ




逆求人ナビ

26

内定だけに留まらない
「あなたにしかない成長」

逆求人フェスティバルはただ内定をもらうイベントではありません。

企業の経営者や採用担当者とあなたについて徹底的に話し合うことで、あなた自身の本当にやりたいことや、

あなたの潜在的な可能性を見出す貴重な成長ポイントとなるでしょう。

それは、ただの就活では決して体験することが出来ません。

 

就職活動サイト[逆求人ナビ] 就活セミナー 2018年卒,2017年卒 就職活動 逆求人フェスティバル

Offer Box(オファーボックス)  

19
あなたの「人となり」を企業にアピール!
「自分らしさ」で勝負できる!

OfferBoxは文章を入力するだけでなく動画や研究スライド、写真を使って自分を表現することができます。

また、あなたが今までどんなことをしてきたのか、興味のあることは何かといったエピソードを元にした振り返り・自己PR・キーワードを「ユニーク情報」という項目に集約。

あなたの「人となり」を企業にアピールすることができます。

 

就活・インターンシップは逆求人「OfferBox」(オファーボックス)

まとめ

以上がオススメの逆求人サイトでした。

何度も言いますが、まずは試してみることが大切なので、ぜひ就活で自分のレベルアップをしたい人、自分の視野を広めたい人にはオススメです。

最後にオススメの就活本を紹介します。

 

関連記事

体育会出身者の人に特化したオススメの転職サイト「スポナビキャリア」

【20代限定】第二新卒の人におすすめの転職サイト5選

【大学生必見】日本の就活の新卒一括採用制度はなくなり、就職できない若者が急増!?

自分の市場価値を知ろう!

新社会人になるみんなへ|社会人になる前にぜひ読んでほしいオススメの本

20代のきみへ|"いつか"海外就職したいという人がいつまで経っても日本から出られ...