ブロガーとしての背中を押してくれたのはマナブさん