ソフトテニス関係者に読んでほしい記事10選|カンボジアソフトテニス

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。 今回は僕のブログのソフトテニスに関する記事で、読んでほしいと思う記事をピックアップして紹介したいと思います。 ぜひソフトテニス関係者で読まれていない人は 、ご一読いただけると嬉しいです!

1.日本の学生ソフトテニス連盟からカンボジアナショナルチームへ

 

この記事は当時の日本学生ソフトテニス連盟のメンバーが一年の時を経て、支援を実現してくれたことを紹介している記事です。 彼らは約一年にわたり、大会で余ったボールを貯め続け、それらをカンボジアへと送ってくれました。 この時は本当にボールが不足して困っていたので、とても有り難いご支援でした。 日本学生連盟の皆様、ありがとうございました。 ▼記事はこちら

日本の学生ソフトテニス連盟からカンボジアナショナルチームへ   

2.一つのチームらしくなってきたカンボジアソフトテニスの軌跡

54 この記事では、僕がカンボジアのソフトテニスチームに関わりだしてから、どう彼らが変化し、どう成長してきたかを紹介しています。 最初はウォーミングアップさえしなかった彼らが今では立派な一つのチームとして活動してくれるようになりました。 ▼記事はこちら 一つのチームらしくなってきたカンボジアソフトテニスの軌跡  

3.世界のソフトテニス人口|まさと調べ

proxy

これは僕が2016年6月現在に調べた世界のソフトテニス人口を紹介したものです。 完全に正確な数字ではありませんので、あくまで参考程度にしてください。 ただ、全体のソフトテニスの広がりをイメージすることはできると思うので、今後のソフトテニスをオリンピック競技にするための一つのデータとしてご覧ください。 ▼記事はこちら 世界のソフトテニス人口|まさと調べ   

4.ソフトテニスがオリンピック競技になるためには

olympic_ring

この記事では、前半と後半に分かれてソフトテニスがオリンピック競技になるためにはということについて書いています。 後半では高岡西高校の小峯先生のお話も紹介しています。 ▼記事はこちら ソフトテニスがオリンピック競技になるためには〜前編〜 ソフトテニスがオリンピック競技になるためには〜後編〜  

5.カンボジア人が一年間努力して大きな結果を掴み取った話|カンボジアソフトテニス全国大会

56 のコピー この記事では、前年度ナショナルチームへ選ばれなかったメンバーが、一生懸命努力をしてカンボジアナンバーワンプレイヤーになった話を紹介しています。 次で3回を迎えるこの大会も年々レベルが上がってきているので、第三回が行われるのが非常に楽しみです! ▼記事はこちら カンボジア人が一年間努力して大きな結果を掴み取った話|カンボジアソフトテニス全国大会   

6.カンボジアのテニスコートは

1398f106 この記事では僕たちが普段カンボジアで練習しているコートについて紹介しています。 しかし、今では有り難いことにコートの改修工事を行なっているので、綺麗に生まれ変わる予定です。 工事の進捗はこちら:カンボジアソフトテニス連盟運営のテニスコートの改修工事の進捗報告 ▼記事はこちら カンボジアのテニスコートは  

7.素敵なご縁を頂きすぎた話|浜砂ソフトテニスクラブ訪問

b1850860-s この記事では僕が一時帰国をした時に行った、「僕の一時間を5円で買ってくれませんか?」という企画の紹介をしています。 これを機会に多くの人と出会うことができ、本当にいい経験になりました。 浜砂ソフトテニスクラブの皆様、高川さんありがとうございました! またこの企画はやりたいと思っているので、いろんなところへ呼んでいただけると嬉しいです! ▼記事はこちら 素敵なご縁を頂きすぎた話|浜砂ソフトテニスクラブ訪問  

8.ソフトテニスは国民性の出るスポーツ|僕の役割は「日本流」を広めることではなく、「カンボジア流」を確立すること

6ebfd90e-s この記事は僕がカンボジアでコーチをしている時に気をつけていることをまとめてみました。 今後のソフトテニスという競技を面白くしていく上でも、「カンボジア流」というオリジナルを見いだすことが必要であると実感しました。 ▼記事はこちら ソフトテニスは国民性の出るスポーツ|僕の役割は「日本流」を広めることではなく、「カンボジア流」を確立すること  

9.カンボジアでのソフトテニス普及への想い

cd05fab8-s この記事は僕がカンボジアでのソフトテニスをどのような想いで行なっているのかということを綴ってみました。 ちょっと堅苦しい文章になってしまっていますが、僕の思いをストレートに書いているので、読んでいただけると嬉しいです。 ▼記事はこちら カンボジアでのソフトテニス普及への想い  

10.スポーツマンシップに反してでも僕たちが選ばなくてはいけなかった選択|アジアソフトテニス選手権

15134685_1751775795073427_8011764792400218994_n-1 この記事は僕のブログが知られるきっかけになった記事で、アジア選手権の時に起きてしまったことを紹介した記事です。 賛否両論のあった記事ですが、カンボジアの現状を知ってもらうという意味でもぜひ知ってほしい事実です。 ▼記事はこちら スポーツマンシップに反してでも僕たちが選ばなくてはいけなかった選択|アジアソフトテニス選手権 こちらの記事は以下のウェブサイトにも寄稿させてもらったので、ぜひそちらもご覧ください!  

荻原 雅斗さんの人生のストーリー

関連記事

【急募】使わなくなったボールをカンボジアへ寄付していただけませんでしょうか?

カンボジアソフトテニス連盟運営のテニスコートがついに完成!!

日本の学生ソフトテニス連盟からカンボジアナショナルチームへ

海外でソフトテニス普及を始めて約2年。海外普及の楽しさと難しさ

【カンボジアテレビ放送】アジアソフトテニス選手権コンソレーションマッチ銀メダル凱...

カンボジアでのソフトテニス普及への想い