ソフトテニスファン必見!ソフトテニス漫画の『顧問など!』の魅力とは

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

ソフトテニスファンのみなさん、今SNS界隈で口コミで広がっている『顧問など!』というソフトテニス漫画を知っていますか?

実はこの『顧問など!』は、ソフトテニス経験者の方が書かれている漫画で、ソフトテニス経験者であれば誰もが一度は経験するようなことを、とてもリアルに描かれています。

特に主人公が顧問の先生という立場もあり、生徒だった当時はわからなかった先生の気持ちや立場を知るきっかけにもなり、胸が締め付けられるような場面もあります。

僕の場合は、多くの場面で昔の自分の見ているかのような気持ちになり、最初から最後まで一気に読破してしまいました。。笑

そこで今回はそんなソフトテニス漫画である『顧問など!』の魅力を紹介します!

『顧問など!』とは

 

このソフトテニス漫画は、右利き前衛の「しのと」さんが書かれている漫画です。

しのとさんが漫画を描き始めたきっかけは、しのとさんの身の回りに教師になった人が複数人おり、その人たちの話を聞いているうちに、「先生って大変だなぁ」と感じ、描くことになったのだそうです。

 

以下、しのとさんに漫画を描き始める経緯をお聞かせいただきました。

まさと

まさと
『顧問など!』を描き始めたきっかけはなんですか?
しのとさん

しのとさん

この漫画を描く前、漫画を描くのが趣味だったのに何も描く気が起きなくて、2.3年程バンド活動していました。そこでバンドメンバーの「今ギター弾く気になれない」という言葉に共感したりしてました。

バンドをしながら、ずっと「漫画を描きたくなる気持ち」を探してて、話が浮かんでも「描きたい」にはなりませんでした。そんな時に出会った「教師になった友人・知人」の存在が、「描きたい」のスイッチになったと思います。

 

まさと

まさと
『顧問など!』の主人公は選手ではなく、顧問の先生ですよね。

 

しのとさん

しのとさん

先生を「先生」ではなく「一人の若者」として描きたいというのが先行して、純粋に「ソフトテニスの漫画」を描きたいと思ってプロット(ストーリーの要約)を練りました。

そしたら自分でもまた試合に出たくなってソフトテニス界に帰ったら、今度は競技人口が明らかに減っているのに驚いたんです。

趣味だけど、『顧問など!』を読んで、誰かのソフトテニスをやりたい気持ちにスイッチ入って、少しでも広まり、自分の元顧問の先生達への恩返しになればいいなと。そんな感じで始まりました。

 

しのとさんの想い

 

まさと

まさと
『顧問など!』はどんなマンガですか?

 

しのとさん

しのとさん

きっと ソフトテニスをしてない人は「顧問が主人公の漫画って珍しい!」でしょうし ソフトテニスをしてきた人は「ソフトテニスの漫画って珍しい!」だと思います笑

漫画の良い所は年齢性別、自分がしている競技関係なく見つけてもらえる所で、たまたま「顧問が主人公って面白い」から読んでたのが「ソフトテニスって面白い」になれば良いし、 今、ソフトテニスをしている人には「これからも続けるモチベーション」になれば良いし 昔、ソフトテニスをしていた人には「またコートへ行きたい」になれば良いなと。

中でも「今はしていない」元ソフトテニスプレイヤー達に、この漫画を届けられたら良いなと思います。

 

まさと

まさと
なんてアツい想いを持っていらっしゃるんだ。。涙

 

ソフトテニス経験者あるあるを忠実に再現!

 

『顧問など!』の舞台は高校ですが、中学校の部活の場面とかぶる場面もたくさんあります。

なので、中学と高校のどちらかだけでもソフトテニスをしていた人はきっと共感できる部分がいっぱいあると思います。

また、ソフトテニスの言葉の解説やルールの説明についても、とてもわかりやすく丁寧に解説してくれているので、これからソフトテニスを始めようとしている人、ソフトテニス初心者の人でも楽しめるようになっています。

 

『顧問など!』ファンの声

 

 

『顧問など!』はウェブで読める!

 

『顧問など!』は、今ウェブ上に無料で公開されているので、いつでも好きなときに読むことができます。詳細はしのと@顧問など!さんとクラウドファンディングページをチェック!

 

▼公開されているウェブサイトはこちら

 

毎月一回更新されるようなので、ぜひ気になる方はこの上の3つを登録しておきましょう!

 

関連記事

ソフトテニスをやめた(やめるとすれば)理由はなんですか?

ソフトテニス未経験の指導者が最初に買うべき指導書

今東南アジアでソフトテニスがアツい

ソフトテニスの大会で勝ちたいと思う中学生にオススメの動画10選

僕がカンボジアで一番貧しい農村の子どもたちと一緒にテニスコートを手づくりした話

日本の学生ソフトテニス連盟からカンボジアナショナルチームへ