ぼくがYouTuberデビューした理由【ソフトテニス】

カンボジアのまさとです。

ぼくは8/15からYouTuberとしてデビューしました!

 

チャンネルはこちら→まさと(MASATO)チャンネル

 

本記事では、ぼくがYouTuberデビューした理由と実現したいことを書きます!

 

YouTuberデビューした理由

 

ぼくがYouTuberを始めた理由は、ソフトテニスを活用してYouTubeでお金を生み出し、その稼いだ収益をソフトテニスの普及と発展に使いたいからです。

 

例えばそれは、

 

のツイートのように、ソフトテニス界の新しい取り組みとして、もっと競技全体でお金が循環する仕組みを作りたいと思っています。

 

そこで、ぼくはじぶんが生きていくために必要なお金は、ブログとカンボジアでの事業で十分稼げているので、YouTubeで得た収益はどんどん企画や関係者・選手に還元していく予定です。

 

ツイートにもあるように、個人や会社で稼いだお金を使うというやり方でもスタートさせることはできますが、現在カンボジアで普及活動をやっていて、

「お金が回らない一方的なボランティア活動では継続性も再現性もない」

ということに気付いたので、

「ソフトテニスでマネタイズして、ソフトテニスで循環させること」

にチャレンジするのが、ぼくのYouTube活動の本当の狙いです。

 

実現したいこと

 

ぼくが実現したいことはこの以下のツイートにつきます。

 

 

このツイートは、これまでのソフトテニスの在り方を考えたら現実的ではありませんよね。

しかし、ツイートの内容にある

・日本のソフトテニス選手のマネジメント→テレビ出演などを増やす
・選手個人へのスポンサー
・1000万円級の賞金ありの国際大会の開催

 

に関してはお金があれば実現できる可能性が高いことなので、最初に誰かがお金を循環させる流れと仕組みさえ作ることができれば、きっと無理ではないと思います。

 

ソフトテニスを通じてお金が稼げてそれを投資できるのであれば、YouTubeじゃなくてもいいですが、

  • ソフトテニスの競技人口は圧倒的に中高生が多い
  • ぼくのツイッターのフォロワーも中高生が多い

 

ということもあり、一番多い層である中高生にリーチできるうえに収益化できることから、今の時代YouTubeだなと判断しました。

 

目指すは登録者数15万人

 

そこでぼくのYouTubeチャンネルの登録者数が伸びてきたら、こんなことをしたいと考えています。

15万人〜20万人:選手個人へのスポンサー

40万人〜:賞金のある大会の開催

100万人〜:賞金総額1,000万円級の国際大会の開催

 

YouTubeは再生時間や再生回数によって収益が決まるものなので、登録者数が多ければいいというわけではないですが、自身のチャンネル登録者数による再生回数(時間)と収益を参考に計算すると、登録者に比例してこんなことが実現できるのではと思っています。

 

いずれにしても、上記のような規模のチャンネルになってきた場合には、個人のマンパワーだけでは足りないので、人件費や外注費などを含めると、計画が多少ズレることはあるかもしれませんが、おおよそこれくらいの登録者で実現できる見込みです。

 

チャンネル登録してね!

 

ぼくのYouTubeチャンネルでは、ソフトテニスに関連した動画作りをおこなっていくので、

  • ソフトテニスが好きな人
  • もっとソフトテニス界を面白くさせたい人
  • おぎわらの活動応援してやるか

 

という方は、ぜひチャンネル登録をお願いします!

チャンネルはこちら:まさと(MASATO)チャンネル

 

今後はYouTubeの活動拠点をカンボジアだけではなく、日本でもやりたいと思っているので、何かやって欲しい企画や内容があれば、動画のコメント欄やツイッターで教えてください!

ソフトテニス界もっとおもしろくしたいー!

カンボジア視察のアテンド・企業マッチングのサポートします!

カンボジア視察でのアテンドの依頼やビジネスマッチングの

ご相談は以下のお問い合わせからお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

【中体連に硬式テニスが加入】ソフトテニスが生き残るにはプロ化をするしか道は残され...

49人が10年間ソフトテニスの普及のために海外に移住すれば、2028年のオリンピ...

2016年マレーシアインターナショナル凱旋帰国の様子

ソフトテニス系YOUTUBERのパイオニア!POCKET WIZ(ポケットウィズ...

YOUTUBE界ナンバーワンソフトテニスプレイヤーあゆタロウさんのおすすめ動画5...

いまは弱くてもいい、勝てなくてもいい。そのかわりどこよりも応援されるチームになろ...